2012年11月29日

アメーバ・ブログ amebloへ引越し中です

アメーバ・ブログへ引越します。ブログ名称は同じです。
アメーバブログの 悠紀 朋 「本来無一物」
今後の新規記事は、あちらに書きます。
引越し理由は、単に、ブログのユーザー数が、アメーバの一人勝ちになったことです。
ただし、livedoor時代から書いて来た古い記事は、自動的には引っ越せなかったので、
こちらに残ることになります。現在、何が移って、何が残るか検証中です。
posted by 悠紀 朋 at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」蔵方政俊監督(DVDにて)観ました

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ [DVD] / 三浦友和, 余貴美子, 小池栄子, 中尾明慶, 吉行和子 (出演); 蔵方政俊 (監督)
 似たタイトルの中井貴一主演作品が、あったので紛らわしいが、こちらは三浦友和と、余貴美子主演で、定年退職を間近にした電車運転手と、元看護師で、再び看護師として働き始めようとする妻の、夫婦の人間関係のゆらぎを描いている。離婚届を置いて出ていく妻と、それをどう受け止めるか戸惑う夫いう感じのストーリーで、結局は元のさやに収まるという感じなのだけれど。よく言われる熟年離婚とかそういう感じ?三浦友和は俳優として貫禄が出てきたと思うけれど、作品としては、締まったところがない印象だった。
posted by 悠紀 朋 at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「それでも愛してる」ジョディ・フォスター監督(DVDにて)観ました

それでも、愛してる スペシャル・エディション [Blu-ray] / ジョディ・フォスター, メル・ギブソン, アントン・イェルチン, ライリー・トーマス・スチュアート, ジェニファー・ローレンス (出演); ジョディ・フォスター (監督)
 ジョディ・フォスター監督で、メル・ギブソン主演という事だけの予備知識で、気軽にレンタルしたのだが、内容はシリアス。主人公は重いうつ病で、なかなか良い治療方法に巡り合えなかったが、ある時、偶然にもビーバーのぬいぐるみを腹話術のように使って、別人格を介して、自己表現するという方法を思いつき、うまく症状を回避して、他人とのコミュニケーションを取れるようになっていく(原題はザ・ビーバー)。しかし、一見軽快しているように見えた症状は、ビーバーを隠れ蓑にしていただけで、根本的な解決になっていなかった。ビーバーとの決別を図った主人公だが、そこに悲劇が待っている。
 長年、メンタルな病気と付き合っている私のような病者にとって、このストーリーは、とても、暗鬱な気分にさせられる作品だ。最終的には、家族との和解が果たせるエンディングになっているが、これが本当にハッピーなエンディングと言えるのかどうか。複雑な気分で見終わった。
posted by 悠紀 朋 at 13:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

昨日「縁会」中島みゆき(東京国際フォーラムホールAにて)

20121115055449 (1).jpg
 前回、2010年のツアーの時は一人で聴きに行ったが、今回は夫婦で行った。普段僕は、歌を聞く時、歌詞を適当に聞き流してしまうのだが、この人の時は、歌詞もしっかり聞いている。歌が心の中に響いて、感動を呼ぶ力は、なかなか他に、対抗できる歌手を知らない。今日も「時代」を聞きながら、涙を流してしまった。ほぼ、同世代人なので、まだしばらくは、聴き続けることが出来るでしょう。
posted by 悠紀 朋 at 19:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

「ファミリー・ツリー」アレクサンダー・ペイン監督(DVDにて)観ました

ファミリー・ツリー [DVD] / ジョージ・クルーニー, シャイリーン・ウッドリー, ボー・ブリッジス, ジュディ・グリア (出演); アレクサンダー・ペイン (監督)
 いつもかっこ良く、渋い役のジョージ・クルーニーが、事故で瀕死の妻を前にして、妻の浮気の事実を突きつけられる冴えない役を演じている。浮気相手を突き詰め死につつある妻の事実を告げるに至る過程で、二人の娘と家庭を顧みて来なかった父親のギクシャクした関係が修復されていく。全体に明るい部分のないストーリーだが、舞台をハワイに設定していることで雰囲気が和らいでいる。また、ハワイに行きたくなった。
posted by 悠紀 朋 at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

昨晩の夕食は新宿「韓花」で韓国料理


コリアン韓花
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0 酒・ドリンク:4.0



 昨晩、映画のあとは、予約しといた新宿南口、高島屋前の韓国料理「韓花」へ。なんでも、前日の土曜日にテレビの「チューボーですよ!」で、チヂミが紹介されたとかで、賑わっていた。こちらはチヂミも、もちろん、前菜から肉のざぶとんを焼いたのとかチゲとかいただいて、お酒もちょっと飲んで、二人で11,000位。料理は美味しかったし、二人でも完全個室スタイルなので、落ち着いて食事できた。値段的にもリーズナブルだと思った。
posted by 悠紀 朋 at 19:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲んだり食べたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「黄金を抱いて翔べ」井筒和幸監督(新宿ピカデリーにて)観ました。

158921_1.jpg
 昨日、大きな期待なく観たのですが、それなりって感じですかね。まあまあ迫力はあり、原作との関係は、原作を読んでいないので、わからないのですが、ストーリーとしては面白い。しかし、洋画のこういう犯罪ものに比べると、全然スマートじゃないし、ちゃちだ。特に、肝心の黄金の収納されている金庫だが、どこの銀行にあんなちゃちな金庫があるものか。私は職業柄、銀行の小さな支店の工事をやったことがあるが、金庫室はすごく厳重なものだった。いくら日本の警察が、今一だといっても、あんな間抜けじゃないだろう。
posted by 悠紀 朋 at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

「恋と愛の測り方」マッシー・タジェディン監督(DVDにて)観ました。

恋と愛の測り方 [Blu-ray] / キーラ・ナイトレイ, サム・ワーシントン, ギョーム・カネ, エヴァ・メンデス (出演); マッシー・タジェディン (監督)
 キーラ・ナイトレイ、結構好きなんですけど、彼女の役柄は、ちょっと屈折した、暗めのものが多いですね。今回は、夫婦の関係の危うさ、ちょっとしたほころびを拾った、佳作という感じですが、ダークな雰囲気の作品でした。
posted by 悠紀 朋 at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。