2012年11月23日

「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」蔵方政俊監督(DVDにて)観ました

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ [DVD] / 三浦友和, 余貴美子, 小池栄子, 中尾明慶, 吉行和子 (出演); 蔵方政俊 (監督)
 似たタイトルの中井貴一主演作品が、あったので紛らわしいが、こちらは三浦友和と、余貴美子主演で、定年退職を間近にした電車運転手と、元看護師で、再び看護師として働き始めようとする妻の、夫婦の人間関係のゆらぎを描いている。離婚届を置いて出ていく妻と、それをどう受け止めるか戸惑う夫いう感じのストーリーで、結局は元のさやに収まるという感じなのだけれど。よく言われる熟年離婚とかそういう感じ?三浦友和は俳優として貫禄が出てきたと思うけれど、作品としては、締まったところがない印象だった。
posted by 悠紀 朋 at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「それでも愛してる」ジョディ・フォスター監督(DVDにて)観ました

それでも、愛してる スペシャル・エディション [Blu-ray] / ジョディ・フォスター, メル・ギブソン, アントン・イェルチン, ライリー・トーマス・スチュアート, ジェニファー・ローレンス (出演); ジョディ・フォスター (監督)
 ジョディ・フォスター監督で、メル・ギブソン主演という事だけの予備知識で、気軽にレンタルしたのだが、内容はシリアス。主人公は重いうつ病で、なかなか良い治療方法に巡り合えなかったが、ある時、偶然にもビーバーのぬいぐるみを腹話術のように使って、別人格を介して、自己表現するという方法を思いつき、うまく症状を回避して、他人とのコミュニケーションを取れるようになっていく(原題はザ・ビーバー)。しかし、一見軽快しているように見えた症状は、ビーバーを隠れ蓑にしていただけで、根本的な解決になっていなかった。ビーバーとの決別を図った主人公だが、そこに悲劇が待っている。
 長年、メンタルな病気と付き合っている私のような病者にとって、このストーリーは、とても、暗鬱な気分にさせられる作品だ。最終的には、家族との和解が果たせるエンディングになっているが、これが本当にハッピーなエンディングと言えるのかどうか。複雑な気分で見終わった。
posted by 悠紀 朋 at 13:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。