2012年11月05日

映画「黄金を抱いて翔べ」井筒和幸監督(新宿ピカデリーにて)観ました。

158921_1.jpg
 昨日、大きな期待なく観たのですが、それなりって感じですかね。まあまあ迫力はあり、原作との関係は、原作を読んでいないので、わからないのですが、ストーリーとしては面白い。しかし、洋画のこういう犯罪ものに比べると、全然スマートじゃないし、ちゃちだ。特に、肝心の黄金の収納されている金庫だが、どこの銀行にあんなちゃちな金庫があるものか。私は職業柄、銀行の小さな支店の工事をやったことがあるが、金庫室はすごく厳重なものだった。いくら日本の警察が、今一だといっても、あんな間抜けじゃないだろう。
posted by 悠紀 朋 at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。