2012年11月23日

「それでも愛してる」ジョディ・フォスター監督(DVDにて)観ました

それでも、愛してる スペシャル・エディション [Blu-ray] / ジョディ・フォスター, メル・ギブソン, アントン・イェルチン, ライリー・トーマス・スチュアート, ジェニファー・ローレンス (出演); ジョディ・フォスター (監督)
 ジョディ・フォスター監督で、メル・ギブソン主演という事だけの予備知識で、気軽にレンタルしたのだが、内容はシリアス。主人公は重いうつ病で、なかなか良い治療方法に巡り合えなかったが、ある時、偶然にもビーバーのぬいぐるみを腹話術のように使って、別人格を介して、自己表現するという方法を思いつき、うまく症状を回避して、他人とのコミュニケーションを取れるようになっていく(原題はザ・ビーバー)。しかし、一見軽快しているように見えた症状は、ビーバーを隠れ蓑にしていただけで、根本的な解決になっていなかった。ビーバーとの決別を図った主人公だが、そこに悲劇が待っている。
 長年、メンタルな病気と付き合っている私のような病者にとって、このストーリーは、とても、暗鬱な気分にさせられる作品だ。最終的には、家族との和解が果たせるエンディングになっているが、これが本当にハッピーなエンディングと言えるのかどうか。複雑な気分で見終わった。
posted by 悠紀 朋 at 13:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。