2006年06月04日

また夢をみた

「わーっ!」という叫び声の絶叫。
それは自分の声だった。
ふと見るとそこは風雪吹きすさぶ冬の大荒れの日本海だった。
はっとして振向いたところで終わってしまった。
(実際に寝ながら大声を出したようで、朝起きてから妻から非難を浴びた)

 その光景は昨日観たDVD「幻の光」から来ているようだ。前日よりは多少よく眠れた。しかし、12時に寝て2時頃に目が覚め、あとはうつらうつらした状態だった。明け方にまた少し眠れたようだが、5時には起きてしまった。

よろしければ 2つ ポチッ ポチッと クリックお願いします!
banner2.gifブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 悠紀 朋 at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

久し振りに夢を見た

 昨晩はなぜか寝付けず、うつらうつらしていたせいか、明け方に夢を見ました。
 天井にある鉄骨のビームがボルトで接合されている。そのボルトをどんどん取り外され、鉄骨がどんどんばらばらになっていく。そこは地下鉄銀座線の構内だ。銀座線の上に鉄骨が落ちてくる。僕自身の上にも鉄骨が落ちてくる。僕の身体がつぶされる。地下鉄のトンネルもばらばらと崩壊してしまう。

 ???ずっと昔に、外国映画で爆弾か何かで地下鉄が崩壊する場面があったけども・・・・・???

よろしければ 2つ ポチッ ポチッと クリックお願いします!
banner2.gifブログランキング・にほんブログ村へ
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

変な夢をみた

 私には離婚経験があるが、はるか昔若い頃に、半年ちょっとで別れた昔の女房Y子がいきなり真正面からアップで現れた。その頃の会社の上司Fも出てきて、なんと結婚式を挙げようとしているのだ。場面変わって、そのY子と、野道を歩いていて、大きな谷へ降りていく。Y子はいきなりかがみこんで、吐き気をもよおす。俺の子供をはらんでいる!?
 なんだか、嫌な感じの夢。しかし、妙に性的な感じがする、どこかで、僕の内面の本質的なところにつながっていそうな夢だった。

よろしければ1クリックお願いします!
人気blogランキングへbanner2.gif
posted by 悠紀 朋 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

久し振りに夢をみた

 ここ数日あまり良く眠れていなかったが、昨晩はけっこう眠ったようで、夢を見た。
 新入社員の頃の職場、上司のF主任、先輩のSさん、同僚M、別の主任A、それに女性の同僚だがだれだかわからない人。どうもその女性と私は良い仲になりつつあるようで、F主任にばれるんじゃないかと心配している。
 夕方、上司たちは得意先と打ち合わせに行くといって、そろって車で出かけるのだが、なぜかみんなノーネクタイのワイシャツ姿。
 若手は僕の車で一緒に帰る。なぜか、靴がドロドロ。途中の道は水害で浸水している。電車に乗り換えようとするが、とても古臭いローカル線で、路線図を見るが、どこへ向かう線なのかさっぱりわからない。行き先不明。

よろしければ1クリックお願いします!
人気blogランキングへbanner2.gif
posted by 悠紀 朋 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

こんな夢をみた

建築現場で仕事をしている。遠くに所長と思しき現場の責任者がいるが、こちらは着任早々で、図面か書類か何かをぱらぱらとめくっているが、実際は上の空で、ただ、空回りしている。
雨が降っていて、朝礼がある。事務所に戻り、今日は仕事にならないなあといっていると、雷警報システムという機械が突然警報を発し、ごく近くに落雷する。脇には昔の同僚K君がいた。

建築は私の仕事関係だから、どうも仕事のことが気になっていたのか?落雷というのは最近観たDVD「宇宙戦争」のシーンがよみがえってきたのだろう。観た映画の印象的なシーンが夢の中に登場することは時々ある。その他は意味不明だ。

よろしければ1クリックお願いします。
blogランキング
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

久し振りに夢を見た

 久し振りに朝まで記憶に残る夢を見た。登場人物は大親友の同年齢の男性とその2、3歳の娘、若い奥さんで、どこかの新しい建物を見学?している。地下にプールか大浴槽があり、そこに入っていく。大勢の男女でごった返しているが、中東系とおぼしきひげ面の男性に微笑みかけられる。そこで終わり。
 親友は、私と同業の建築関係を生業としており、独立して設計事務所を構えている。今の私の強い転職願望と関係しているかもしれない。現実の彼の子供は既に大学生であり、奥さんもそれなりの年齢だから、なぜ2,3歳の娘と若い奥さんになったのかはわからない。水に関わる夢をみる時は尿意を催している時が多いから、これはそういうことがあるかもしれないが、中東系の男性にも覚えはない。

よろしければ1クリックお願いします。
blogランキング
posted by 悠紀 朋 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

最近見た夢

 どうも最近見る夢がディープというか、リアルというか、仕事に直結するような話が出てくる。

東北のガラスで出来たドーム建築。現場に行っている。
地下は、なぜか原子力施設。東北支店の建築部長が来ている。
僕は、本社から出張してきたようだ。
部長が品質事故を起こしてはいかんと訓示をしている。
雨漏り?地下の大空間へ降りていく(ゆっくり落ちていく)。
屋上の防水。セパにはガラスキャップを付けろ(なんのこっちゃ?)。
大阪のYは特別仕様の防水で出来た。
そこに直属の上司のS部長がいた。
ここで終わり。

 東北の部長というのは、最近自分の同期の人間が本社の部長として栄転してきたから、絶対これに関係している。建物がガラスで透明だというのも、何か意味があるんだろうな。違う日の夢には仕事に関係するガラス施工会社の社員やシール施工会社社員が出てきた。転職とか違う職場とかいうことを考え続けているからかもしれない。

よろしければクリックしてくださいね!
人気blogランキングへ
blogランキング
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

もうスキーの夢?をみた

スキーに行っている。スキー靴のまま、とにかく歩く、歩く。雪の上じゃないみたい。
すごくたくさんの人が歩いている。学生の団体の一行と交差する。ザッザッと軍隊の行進みたい。
やがて巨大な靴専用の除雪マシンの前に到着。バイブレーターみたいので雪を落とそうとするが、雪なんて付いていない。スキーブーツじゃなくて、ぺらぺらのビニールみたいな素材のベルクロで留める靴だ。女房とははぐれてしまった。ここには雪はない。ここで目が覚めた。


そういえば去年スキーボードを買って、それに合わせてソフトブーツを買ったなあ。それと2週間ほど前に、早々と去年行ったスキー場から今シーズンの案内やらリフトの割引券などが送られてきていた。机の脇に置いてあったが、そういうものが頭の片隅にあって突然浮かんできたのだろうか。
女房とはぐれてしまうのは何か意味があるんだろうか。
靴の感じはむしろ仕事で使う安全靴みたいだった。仕事に行かなくちゃとおもっていることと何か関係している?
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 09:26| Comment(1) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

久し振りの夢

渋谷からバスに乗ろうとする。
観光バス形式のバス。
踏み切りを渡ろうとする。
古い茶色の電車が1両止まっている。
親友のSと飲みに行こうとする。
そこは終戦後のバラックみたいなところ。
のみ?しらみ?の存在。
そこにM女史も現れる。

しばらく、夢を見なかった。というより夢という形にまとまらず覚えていないのかもしれない。夢という形になるのは、かなり気分が上向いてきたからでしょう。約1週間で薬の効果が発揮されてきたか。仕事に行こうという意欲が出てきたという内容かなあ?
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

昨晩の夢

かばんをなくした夢を見た。
会社の以前の同じ部署の先輩社員からのみ行こうと誘われる。
会社の行きかえりにいつも携帯しているかばんをなんだか電柱みたいな太い木が横たわっている脇におき、あわてて、そのまま付いていってしまう。
戻ってみると、かばんがない。
財布も一緒だった。アー大変だ。警察に届けなくてはと頭を抱える。

なんだろなこれ。大事なものをなくす夢?
そういえば、下記の映画を寝る前にスカパーで見た。
この中で、男の子が忘れたリュックサックを取りに戻ってくるシーンがあったけれど。
これと関係ありかな。
映画自体は、心温まるラブストーリーであったけれど・・・。

タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

遅刻した夢

修学旅行に遅刻する夢をみた。高校の修学旅行らしき風景。東京からのはずが間に合わず、なぜか横浜なら先回りして乗れると横浜から乗る。かなり古い感じの新幹線ではない在来線の車両。なぜか会社の先輩のTさんがいた。中学校の同級生だったOちゃん(女性)もいた。
本当は行きたくなかったから遅刻したんだ。
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

昨晩の夢

a875440c.JPG「北の国から」?のドラマの撮影をしている。
ぼろぼろの崩れそうな廃屋の中にいる。
雪の中で寒い。火を起こそうとするが、出来ない。
山梨あたりらしい。

ここしばらく、夢らしい夢を見なかった。というか、朝覚えている夢はなかった。
久し振りの夢。
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

墜落

同僚のS氏が、20階建て?位の高層ビルの屋上から墜落していく夢を見た。中庭に面した吹き抜けに向かって、新宿の住友三角ビルやNSビルのよう。もう一人若い人が私ののそばにいて、私は自分の責任ではないと力説している。

それにしても、ふわーっと、スローモーションで落ちていく、浮遊感。
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

ベンツ

夢の中で、もう会社を引退し、他の会社の副社長になっている、Mさんがベンツがほしいと言って、ショールームで車を見ている。僕も付き合いながら、奥さんにベンツはいい車ですよと応援のメッセージを送っていた。

なんだこりゃ。

今日はメンタルクリニックの通院日でもあった。好調につき「トレドミン」も服用中止になった。これで「レキソタン」1mg1日3回と、ルボックス、ドグマチールを朝1回になった。夏休み明けまで当面これで様子を見る。

転職を計画中で、ある会社と接触中なのだが、なかなか雇用条件を提示してくれない。こっちは今の会社に飽き飽きしていて、早く退職したいのだが、行き先が決まらなくては、それも出来ず、じりじりする毎日。
posted by 悠紀 朋 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

寝てる間に肩が凝った

朝起きたら、バリバリに肩が凝っていて、首が動かないくらい。はっきり覚えていないのだが、夢のなかでオフロロード車に乗って、山野を駆け巡っていた。どこかの室内でキャンピング用のストーブの品定めをやっている。現実に住んでいるのはマンションなんだが、なぜか1戸建にすんでいて、なにやら隣近所を巡っては、相談事に歩き回っている。

アー疲れた。
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

今日の夢

会社の同じ部署のT嬢がでてきた。出て来てただ立っていただけなんだけども。
このT嬢がいわゆるいい女。背は低いんだけど胸が大きく、バランスよく大きい胸にぴったりのセーターを着て、顔も可愛い笑顔。
太目といえば太目なんだが、脚なんかはきゅっと締まっていて、何とか一度お願いしたいと思うような、抜群のプロポーション。

要するに単なる欲求不満、セックスの願望がストレートに出てきただけかな。妙に鮮明にご登場でした。
posted by 悠紀 朋 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

転勤の夢

社長室に転勤した夢を見た。
そこには今の副社長が社長として座っていた。
秘書みたいな位置に机があり、そこが自分の机だ。
身の回りのものを机にしまいながら、あたふたとしている。
何をしたらいいんだろうと不安な自分。
営業部長がぶつぶつ言いながら歩いてくる。・・・・・・

このところ、夢を見てもほとんど覚えていなかったが、今回は妙に鮮明な夢だった。
一体なんだろう。今、転職を検討中だからそういうことと関係あるんだろうか?
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

今度はこんな夢

皇居前広場?で前衛音楽のコンサート。友達ができる。
学校の教室。有望な女子生徒を別のクラスの先生が誘ったと、先生どおしがもめている。
皇居前では翌日はロックンロールのコンサート。
テレビ局のスタジオに多数の見学者。音楽をやっている。終了後F社の方はこちらへ、K社の方は残ってくださいといわれる。

ひそかに思いを寄せる、G女史。今日は赤いカーディガン、アイシャドウとメークもいつもと違う。ちょっと派手。きつい感じ。
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

また夢の話

おじいちゃん
おばあちゃん
親父、お袋
おじさん (オールスターだ)
おじいちゃんの悪いところを切ってくれ
胃がん?
おじさんが切る
身内だからいけない、ここも切ってここも切ってと注文が出る
熱海の海岸?を散歩する
バラックみたいな家
弟がせっせと雨戸を閉めている
トマトの皮むき
すぱっと切ったら切りすぎじゃないかと言われる

(さっぱりわけがわからない)
タグ:夢日記
posted by 悠紀 朋 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

昨日見た夢

スキーに行っている。
雪。
スキーロッカーは雪の吹き溜まり。
鉄筋コンクリートの建物が崩壊していく。
H組施工。
あったこともないおっさん達。
樺太行きの鋼製の船。
春には向こうでスキーをする。
お袋が一緒に来ている。
病弱なお袋が船のデッキの上で妙に元気だ。
posted by 悠紀 朋 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。