2012年11月16日

昨日「縁会」中島みゆき(東京国際フォーラムホールAにて)

20121115055449 (1).jpg
 前回、2010年のツアーの時は一人で聴きに行ったが、今回は夫婦で行った。普段僕は、歌を聞く時、歌詞を適当に聞き流してしまうのだが、この人の時は、歌詞もしっかり聞いている。歌が心の中に響いて、感動を呼ぶ力は、なかなか他に、対抗できる歌手を知らない。今日も「時代」を聞きながら、涙を流してしまった。ほぼ、同世代人なので、まだしばらくは、聴き続けることが出来るでしょう。
posted by 悠紀 朋 at 19:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

由紀さおり&ピンク・マルティーニ 2012(渋谷オーチャードホールにて)

img013.jpg
 昨日行ってきた。そんなに乗り気で行ったわけではないが、妻が行くというので、ついていった感じ。音楽性は完全に歌謡曲そのものなのだが、洗練されていて、心地良い世界が広がっていた。
 今の日本という国の存在、日本の文化のパワーが感じられない中、こういう形で、国際進出し、来年フランスやロス・アンジェルスで活動するという力強さは、素晴らしいと感じた。
posted by 悠紀 朋 at 08:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

井上陽水 LIVE 2012 Hello,Goobye (東京国際フォーラム ホールA)

昨日いきました。彼のコンサートは、最近まめに行われているし、毎回行っているが、飽きることがない。ツアータイトルのHello,Goobyeは、ビートルズの曲名で、昨日のステージでも、陽水自身が歌った。
今年は、ビートルズデビュー50年、陽水デビュー40周年だそうです。その同時代の日々を、思い返してしまいました。アンコールのステージには、奥さんの石川セリまで登場して、こんなことは初めてだ。陽水ますます健在の夜だった。
井上陽水 オフィシャルサイト [ Yosui Inoue Official Site ]
井上陽水オフィシャル


posted by 悠紀 朋 at 13:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

井上陽水 Tour 2011 Powder (オーチャードホールにて)

 当初3月28日に開催予定であったこのコンサート、東日本大震災の影響により、今日に延期されて開催されました。夕刻女房と渋谷で待ち合わせ、早めの夕食のあと会場に向かいました。陽水のコンサートには最近は毎回行っている気がしますが、透明な歌声に癒された一晩でした。
 そして、変にチャリティーだとか募金だとか構えていないところが良かった。自然体でただ歌を聴かせてくれること、それが一番!
 今日のコンサートのバックは、ドラムス、ベースがいなくて、キーボード2人、パーカッション、エレクトリックギターの4人編成で、シンプルなものでしたが、陽水の歌声だけで、十分迫力がありました。
ラベル:井上陽水
posted by 悠紀 朋 at 22:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

THE TOUR OF MISIA JAPAN SOUL QUEST(NHKホールにて)

 昨晩、聴いてきました。数週間前まで開催されるのか、延期されるのかはっきりしなかったのですが、計画停電の状況など踏まえて、開催に踏み切ったのだと思います。
 とてもいい音質で、相変わらずパワフルなボーカル。世の中自粛ムードとやらで縮み志向になりがちですが、たっぷりパワーをもらい、元気が出てきました。MISIAまた行きたいです。
ラベル:MISIA
posted by 悠紀 朋 at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

STING「SYMPHONICITY TOUR 2011」(日本武道館)

 昨日、聴いてきました。STINGが東京ニューシティ管弦楽団とともに壮大な世界を展開してくれました。一体、どんなステージになるのか、特にポリス時代の曲のようなロックっぽいリズムの曲などは、オーケストラとうまくマッチングするのだろうかと思っていたのですが、実際はそんな心配は危惧でした。なかなかユニークなステージを経験させてもらいました。
 19時過ぎに始まって、途中休憩を20分はさみ、アンコールが終わったのは21時45分でした。ますます世界を広げていくSTING。次回の来日がいつになるのか知りませんが、また新しい展開を期待したいと思います。
ラベル:STING
posted by 悠紀 朋 at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

「Love Songs〜また君に恋してる〜」坂本冬美(CD)


 大ロングセラーになっているカバー曲「また君に恋してる」を先頭に、全曲様々な人たちのカバー曲から構成されているが、どれもしっとりと唄い上げられ、素晴らしい。本当に唄がうまい。
 いわゆる演歌歌手に分類される坂本さんが元々幅広い色々な活動をされていることは、ちょっとは知っていたが、それがこのアルバムで一挙に花開いたのではあるまいか。BGMとしても、またよろしい。我が家で関心を持たれた演歌歌手はほかには、美空ひばり、都はるみ、ちあきなおみぐらいだろうか。
posted by 悠紀 朋 at 15:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

「中島みゆき TOUR 2010」(東京国際フォーラムホールA)

 前売り券を買ってあった訳ではなかったのだが、当日引換券ありというメールを見て、現在休職中で時間が自由に使えるという特典を活かし、午前10時00分00秒にパソコンをクリック、当日券を確保した。
 会場には開場前から行ってチケットを受け取るという、これまた時間がたっぷりかかる方法だったが、席はPA調整席の2列後ろのど真ん中という絶好の席だった。いわゆる関係者席というやつですな。ばっちりでした。
 実は、中島みゆきのステージは、「夜会」は一度観たことがあるのだが、コンサートは意外にも初めて。1曲1曲じっくり聞かせるステージに吸い込まれていった。音質良好、音声鮮明、ナカジマ節健在!って感じでした。アンコール前のステージのラスト「時代」にはほろりとさせられました。ほかの曲もですが昔の曲もまったく古さを感じさせなかった。最近になく満足度の高いコンサートだった。
posted by 悠紀 朋 at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

MISIA SUPPORTERS ENERGY 2010 SATOYAMA BASKET LIVE(Zepp Tokyoにて)

 友人に誘われて、初めて行ったMISIAのライブ。昨日行ってきました。いい声、豊かな声量、なかなか素晴らしかったです。ただ、大ホールのツアーと違って、バックバンドがキーボード主体でやや迫力不足だったので、今一、乗り切れませんでした。今度は大ツアーの時にもう一度行ってみたいと思います。
posted by 悠紀 朋 at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

「STAR」中島美嘉(CD)


 中島美嘉のCDは毎回買っていて、ややマンネリかと思いつつ、ちょっと出遅れて買った。聴いてみるとよくまとまっていて、退屈させないいいアルバムに仕上がっている。早速、ipodと車のHDDオーディオに録音だ。耳の病気で活動休止中の彼女、早く回復してもらってライブに行きたいもんです。
ラベル:中島美嘉
posted by 悠紀 朋 at 11:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「HOLIDAYS IN THE SUN」YUI(CD)


 数ヶ月前に買ったCD。YUIのCDを買ったのも初めてなら、じっくり彼女の曲を聞いたのも初めてで、なんとなく僕の中での彼女に対する評価が定まらない。感覚的にはいい感じもするんだが、彼女が僕に対して若すぎるのか、共感という感じにはならないような、中途半端な距離感。自分の世界を持った才能のある娘だなとは思うんだけど。
ラベル:YUI
posted by 悠紀 朋 at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

LOVE PSYCHEDELICO 2010"ABBOT KINNY"CONCERT TOUR(渋谷C.C.Lemonホール)

 昨晩、行ってきました。相変わらず、まとまったしっかりしたサウンド。今回は最新アルバム"ABBOT KINNY"のナンバーを多く取り混ぜてのステージ。アンコールまで含めてたっぷりの楽曲。最高でした!今の日本の音楽シーンでは最高レベルのバンドだと思います。
ラベル:Love Psychedelico
posted by 悠紀 朋 at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

「Ring a Ding Dong」木村カエラ(CD)


 DoCoMoのコマーシャルでおなじみの「リンガディンドン・・・」。結婚、妊娠が報道されたカエラちゃん。ずいぶんと可愛らしい新曲です。この曲なら、生まれてくる子にも歌ってあげられそうだよ。子供生んで、また一皮むけたカエラ、待ってるぜい!
 あと、シングルCDにも関わらず先日の5yearsツアーのライブ音源8曲分が入っているのは、大サービス。
ラベル:木村カエラ
posted by 悠紀 朋 at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ニライカナイ」Cocco(CD)


 久々のCoccoのニューシングル。独特のCocco節とでもいうべき、訴えかけるようなサウンド。この作品が現今の沖縄の基地問題とどこかで接点を持っているのかはよく分からないけれども、パッションを感じる。
ラベル:Cocco
posted by 悠紀 朋 at 18:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

木村カエラtour2010「5years」(日本武道館にて)

5years2.jpg
 いつまで続くか木村カエラ追っかけ。今日は桜も3分咲きとなった千鳥が淵から、2010年アリーナツアーの日本武道館、堂々二日公演の1日目に行ってきた。前回の武道館コンサートからは2年8か月ぶりだそうですが、この間の彼女の成長ぶりには目を見張るものがあります。
 「バタフライ」が大ヒットし、紅白歌合戦にも出場し、いろんな人とコラボもしてと、多彩な活躍。
 今日のコンサートは、タイトル的にも彼女のベストアルバムとひっかけているわけだから、基本的に知らない曲はないのだけれど、4年前に作ってお蔵入りになっていたという未発表曲を1曲やった。
 それと、アンコールでは、本日のみの出演ということだったが、スチャダラバーとのジョイントで「踊るポンポコリン」と以前に彼らとやったコラボ曲。
 最新曲「You bet!!」で始まり、デビューシングル「Level 42」で終わった今日のコンサート、充実した内容だったと思います。25歳になったとはいえ、可愛いカエラちゃんですが、そのパワーで武道館を巨大ライブハウスのようにしていました。あえて難を言えば、バンドのサウンドの特性上しょうがないのかもしれないけど、全体の音質ですかね。彼女の声が聞き取りにくい時が時々あった。
ラベル:木村カエラ
posted by 悠紀 朋 at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

浅川マキさん逝く

 最近、忌野清志郎とか加藤和彦とか、同時代的に生きてきた音楽家が相次いで亡くなったが、この人はちょっと特別だ。真っ黒な衣装で、うつむいて、日本のブルースの女王とかいわれた、とっても重たい人。浅川マキが亡くなったっていうのは、かなり衝撃だった。「夜が明けたら、夜が明けたら・・・」って、今でも聞こえてくる。
posted by 悠紀 朋 at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

「ABBOT KINNEY」LOVE PSYCHEDELICO(CD)


 amazonに予約しておいたのが、昨日届いていた。彼らの場合、大ヒットアルバム「GOLDEN GRAPEFRUIT」が曲のバラエティにも富み、充実した楽曲が寿司詰めだったので、あれを超えるアルバムを出すのはしんどいだろうなあと思っていた。やはり、今回のアルバムは、迫力としては及ばないと思うけども、全体としてはサウンドがよりクリアで明るくなり親しみやすいものになっていると感じた。とりあえず、会社の行き帰りipodで聴いております。
posted by 悠紀 朋 at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

「Past<Future」Namie Amuro(CD)


 ちょっと路線が違うんだがなと思いつつ、Amuroはかっこいい。すっかり彼女の世界を作っている。10代20代30代とアルバムのオリコンNo.1を記録したそうで、なかなかのもんです。彼女の場合、CDよりもDVDで観せる音楽という気がするね。CD付属のDVD観ると音だけ聞いているときと全然印象が違うもん。いいんじゃないでしょうか。
banner2.gifブログランキング・にほんブログ村へ
ラベル:安室奈美恵
posted by 悠紀 朋 at 17:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

OGRE YOU ASSHOLE "フォグランプ リリースツアー"(恵比寿LIQUIDROOMにて)

 すっかり「オーガ」のリズムが身体に身に沁み込んでしまった私。また彼らのライブに行ってしまいました。周りはほとんど20代前半の女性たちだと思うんだけど。浮いてしまうことも顧みず、ズンチャカリズムに身体を任せて来ました。楽しかった!
 今日は彼らの今回の全国ツアーのファイナルだったのだけど、このツアーで一回り大きくそして、バンドとしての充実度も高くなっていたように思った。
banner2.gifブログランキング・にほんブログ村へ
ラベル:OGRE YOU ASSHOLE
posted by 悠紀 朋 at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

「DRAMA!」中島みゆき(CD)


 みゆき姐御の新作ですので、発売早々にamazonで購入させていただきました。多くの評者がすでに書かれているように前半6曲くらいは、いわゆる「みゆき節」で、後は夜会的世界?の曲が並んでいる。
 それはそれでよろしいです。中島みゆきは中島みゆき。今回のアルバムで特別に新しい境地というようなものを感じさせる曲はなかったように思うけれども。
banner2.gifブログランキング・にほんブログ村へ
ラベル:中島みゆき
posted by 悠紀 朋 at 17:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。