2012年06月03日

復職メニューを一応順調に消化中

 3月1日に復職して以降、途中で思いもかけない中断をはさみつつ、月次としては、初めて5月を、無遅刻、無欠勤で過ごし、このまま順調に行けば、遅くとも7月末で、完全復職となるだろう。
 今のところは、軽減勤務ということで、そこそこ忙しい日もあるが、結構暇を持て余す日もある。
posted by 悠紀 朋 at 11:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

本日のメンタルクリニック受診結果20120512

 1ヶ月ぶりの診察。4月23日から再復職しての、勤務状況などを報告。連休前はかなり暇にしていたが、連休明けからは、徐々に業務も本格化、残業をしないことになっているものの、その日中に仕上げる資料作成のために、100%フル稼働という日もあった。久しぶりにフル回転したら、その夜は興奮して眠れない事態となった。
 医師は、別の眠剤をとんぷくでだそうかと言ってくれたが、その1日以外特に問題ないので辞退した。とりあえず、心身の状態は、全く問題ない。
 服薬も変更なし。
 次回、診察は1か月後。
posted by 悠紀 朋 at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

昨日の肝臓診察結果20120417

 クモ膜下出血の一件で、4/2受診のはずが、4/17に脳外科からの診療情報提供書を持って受診した。
 今回の肝臓検査数値も、AST:17、ALT:23と低く納まっており、特に変化なく、問題なかった。今回から、担当の先生が、いままで10年以上観ていただいたA先生が、別の大学病院へ移られたため、若手のY先生に変わった。
脳外科の話もあったりして、前回のウィルス関係の数値を聞くのを忘れてしまった。まあ、多分これも、問題ないでしょう。ちなみに、血小板の数値は17.2で、少なめだが、とくに小さい訳ではない。
 それにしても、今回つくづくと感じたのは、B型肝炎患者にとって、核酸アナログ製剤がいかに命の綱かということ。今回は自宅で倒れ、妻もいたので、服用している薬を、すべて病院に見せて、入院中も、同じ処方で服薬できていたからよかったものの、これが見知らぬ場所で、倒れたりしたらと思うとぞっとする。
 いままで、面倒くさがって、やっていなかった、お薬手帳を、ちゃんと作ってもらって、持ち歩くことにした。
posted by 悠紀 朋 at 13:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

会社で産業医、人事担当者との面談

 先週の退院以来、約1週間ぶりに出社し、産業医と面談したあと、人事担当者と具体的なスケジュールを打ち合わせした。精神的な病と違って、今回の場合は、主治医の診断書をもって、復職の話が淡々と進んだ。
 復職20日ほどで、病に倒れてしまったため、会社の人事制度上は、再び休職扱いとなっており、ちょうど1ヶ月の来週23日から復職(職場復帰)が決まった。
 それまでに、明日は診療情報提供書を持って、肝臓の病院へ行って、血液検査と診察をしてもらう。
 明後日以降は、身体慣らしを兼ねて、朝のうちだけでも仮出社する予定。
posted by 悠紀 朋 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

久しぶりのヨガ

 10日の退院以来、体力を回復させるために、毎日結構歩いているが、スポーツクラブにはまだ足が向かなかった。今日久しぶりに、60分のヨガのクラスを受けた。頭を下げる犬のポーズや、バランスポーズでは、頭に血が上るようで、ちょっとおっかなびっくりにやっていたが、まあ、大丈夫ではあった。しかし、パワーヨガは当面やらないことにしている。
posted by 悠紀 朋 at 23:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

昨日のメンタルクリニック受診結果20120412

 クモ膜下出血で入院中、各種医療機関から出されていた薬は、病院で出してもらっていたので、大きな支障はなかったが、退院後、順次診察を受けている。精神科については、現在の処方(朝リーマス200×2、夜リーマス200×3、就寝前サイレース2×1)で、前回測定した炭酸リチウム濃度は0.56で有効範囲にあって問題ないようです。入院中も特に安定を欠くこともなく、無事過ごせました。
 脳外科の主治医からは、退院に際して特に言われなかったのだが、逆に精神科の先生から、出血をしたのだから、家庭用の血圧計を買って、毎朝と夜血圧を測るようにしなさいと強く勧められた。早速実行に移そうと思う。
posted by 悠紀 朋 at 17:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

退院しました

 本日、朝一番で、CT検査を受け、最終チェックOKで、荷造り、各種退院手続き等行い、昼過ぎに退院しました。晴れてシャバの人になれた。体がなまっているので、タクシーではなく、バスを乗り継いで帰った。
 帰ってからは、この入院中に通院出来なかった、消化器科と精神科の予約を再度取り直したり、会社と保険会社へ診断書を送ったり、結構バタバタして疲れる。多分当分は、会社からの出社可のお達しがあるまで、自宅待機となるでしょう。
 今回は、多分、人生で初めて死ぬかと思った。B型肝炎でも一度かなり危ないレベルに行ったことがあるが、死ぬとは思わなかった。今回のは、自分の対抗できない異次元の出来事だった。
 もう一つ、今回思ったのは、facebookの難しさ、少し落ち着いた頃、病院の実名入りで書き込んでしまったら、女房から猛烈なクレームが来て削除した。女房の友達には今回の僕の事を、内緒にしているのに、当の本人が言いふらすようなことをしては、困るというわけだ。確かにfacebookの投稿を見て見舞いに来てくれたひともいたのだから、ごもっとも、facebookに書いていいことと、そうでは無いこと。これは、案外難しいよ。
posted by 悠紀 朋 at 19:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

代々木公園の桜と雑踏

20120408_111842.jpg
 外泊初日の昨日は、午前中に病院から家までタクシーで帰り、午後にはお試しで、新宿まで電車で出てみた。ちょっと足元が、おぼつかなかったが、まずまず大丈夫だった。
 今日は、朝食後、明治神宮から代々木公園へ、約2時間くらいかけて、ゆっくり散策。昨日よりも足元はしっかりしてきた。代々木公園の桜はいいのだが、人が多くて混み合っていた。
 明日は、また病院へ戻る。体調は順調だが、右耳が反響するような感じでちょっとおかしな感覚だ。
posted by 悠紀 朋 at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

お試し外泊へ

昨日夕刻、妻と共に、主治医から、検査画像を交え、病状の推移、今後の留意事項等について、説明を受けました。
出血の範囲は、脳底の左後部と脳頂部全面。通常のくも膜下出血では脳底部が、出血で満たされた状態になるが、今回は、そこまで至らなかった。
当然、左後部が出血源と疑われたが、2度の血管造影検査でも、動脈瘤や、血管が裂ける解離も見つからず、他の部位も含め問題は見つかりませんでした。現在、脳内の出血は排除されクリアになっており、要警戒期間と言われた2週間も過ぎ、安定化したと判断されています。
先生の症例では、年に数例、原因不明のくも膜下出血を扱っているが、その予後は極めて良いのが、通例だそうです。

今後の日常生活上の留意事項は、極めて一般的な人間ドック項目、高血圧、喫煙、コレステロール、体脂肪等で、現在、私が該当するものはありません。運動についても、極端に激しいものでない限り、問題ないとのことです。ただし、深酒はだめ。

退院への手順としては、今週末の土日に、外泊として帰宅し、月曜日に問題ないことが確認できれば、10日火曜日退院となります。

仕事に関しては、上記の確認結果にもよりますが 、今先生から、言われているのは、退院後特に自宅療養期間を取らなくても、職場復帰可能。ただし、最初の1ヶ月程度は、残業、休日出勤なしの、デスクワークに限るというもので、私の復職時の状況となんら変わりません。

とはいっても、順調に推移したとして、退院時の診断書を会社へ提出し、出社の指示があるまで、自宅待機という形になるでしょう。
posted by 悠紀 朋 at 11:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

退院が見えて来ました。

昨日の血管造影検査は、股の大動脈からカテーテルを入れた。かなり念入りに、調べてもらったようだが、特に異常な点はなく、問題なしというものだった。
逆に、主目的であった出血場所の特定も、できなかった。
主治医は、今週末か来週はじめに退院と言っいる。
それまでに、妻と共に検査結果の詳細や今後の生活上の注意点などについて主治医から、説明を受ける予定。

posted by 悠紀 朋 at 15:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

カテーテル血管造影検査

3月22日入院時、CT検査、MRI検査、血管造影検査が迅速に行われたが、先週金曜日から同じ手順で検査が行われている。
CT検査では、脳内の出血が、ほぼ洗い流されて、キレイになって来ている状況が確認されている。
明日は血管造影検査、血管の異常の有無を確認するのだが、今回の場合は、出血場所の特定も、大きな目的だ。
主治医には、ここだろうという、こころづもりが、あるらしい。
そこを解明してもらわないと、社会復帰の根拠ができない。主治医に期待。
明日は、股関節の動脈からカテーテルを入れるので、検査後6時間は、絶対安静となる。地獄の6時間。
posted by 悠紀 朋 at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

お見舞いの花束

少し頭痛の頻度が低くなってきた気がする。お見舞いにもらった花束の桜が満開だ。昨日の嵐といい、外は完全に春だな。僕も点滴さえついていなければ、外に出れるんだけど。
posted by 悠紀 朋 at 12:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

入院後 初シャワー

23日に入院して以来、洗髪はしたが、身体は温タオルで拭くだけだった。今日、入院1週間で点滴の針の交換を機会にシャワーの許可がでた。
 やあ、爽快、爽快。
posted by 悠紀 朋 at 16:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

痛い!

 クモ膜下出血から九死に一生を得たのだから、文句は言えないのだが、かなり頭が痛い。頭の中に出血したのだから当たりまえかもしれないが、鎮痛剤では抑え切れないことがある。
 でも、痛みへの対応の仕方をちょっと学習した。痛みが来ると身構えて、うち勝とうとすると、余計に痛く感じる。知らんふりして柔らかく受け流すのがいいみたい。
posted by 悠紀 朋 at 07:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

まさかのクモ膜下出血

びっくりしましたなんてもんじゃない。ほんと痛かったし、死ぬかと思った。3月22日午前3時頃、トイレに起きたわたしは、ベットに戻った途端、激しい頭痛に襲われ、救急車の人となり、都内某病院で処置を受け、入院しました。
幸いというべきか、、クモ膜下出血としては、よくある動脈瘤の破裂によるものではなく、もう少し小規模なものであったようで、私自身、ずっと意識もあるし、2週間程度の療養で済みそうな気配。
しかし、折角復職に取組んできたんのに、これでまた、振り出しにもどってしまうのか。
全くもって、どうしてこんな事になるのか、運命を呪う。でもやっぱり、命のあったことを感謝すべきか。
posted by 悠紀 朋 at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ・フィットネス・温泉など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

復職2日目

 昨日の復職1日目は、かなりきつかった。夕方、5時頃には頭痛がしてきたもの。いくらリワークプログラムに通っていたとはいっても、本当の職場の緊張感は段違い。パソコンの設定やら、身の回りの環境整備など、ほとんど仕事らしいことはしていないのに、1日がとても長く感じた。(逆に何もやってないからこそ長かったのかも。
 2日目の今日は、まだ緊張はあるが、大分楽だった。とにかく一歩一歩前進していくしかない。
posted by 悠紀 朋 at 19:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ようやく復職へ

 本日、本当に久しぶりに会社へ出社し、人事関係者と面談、3月1日からの復職が決定しました。いやー長かった。正式に休職となってから11ヶ月、実際に欠勤を始めてからは、実に1年と4ヶ月も経ってしまった。
 復職とはいえ、まだ3ヶ月のお試し期間、残業や休日出勤はないが、この間に一定の遅刻、早退、欠勤をすると、お試し期間の延長、もしくは再休職となる。ともかくも、この3ヶ月を乗り切って、本当の復職を果たすことが、当面の目標。
posted by 悠紀 朋 at 19:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

今週の肝臓診察結果20120130

 今回の肝臓検査数値は、AST:18、ALT:26と低く納まっており、e抗原・e抗体共に陰性、s抗原が陽性(132)、S抗体が陰性というもので、特に変化なし。超音波検査の結果も特に問題なしだった。主治医のA先生曰く、S抗原の数値がもっと下がってくれば、薬を飲まなくて済むという可能性も出てくるのだけれどねということだった。
 そのA先生だが、4月から都内の別の病院へ移られることになった。B型肝炎を本格的に発症してから、10年以上にわたって、頼りにしてきたので、担当医師が変わるのは、少々心細いが、しょうがない。次回診察は、4月始めに別の先生と。
posted by 悠紀 朋 at 20:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | B型肝炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

昨日産業医との3者面談

 昨日、現在通っているリワークセンターに会社の産業医が来て、クリニックの院長と3者面談を行った。その結果、ようやく復職へ向けての手続きが進められる事になった。まだ、もっとハードルの高い人事部の面談をクリアーしなければならないので、なんとも言えないが、1歩前進したことは確かだ。
 夕刻は、実家へ行って、父と共に近くの蕎麦屋で、そば懐石料理を食べながら、一杯。実家に泊まり、父に送った米寿の祝い酒を二人で、ちびちびとやった。
posted by 悠紀 朋 at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

休職のままの年越し

 会社を休み始めたのは、昨年の10月からで、今年の3月から正式に休職となり、結局今年は、まったく仕事をすることもなく、リワークプログラムに通うのみで、1年が終わってしまう。会社の制度ではあるとはいえ、割り引かれた額ではあっても、給料を支給し続けてくれていることには、大いに感謝をしなければいけない。
 しかし、一方、復職を認めてくれない現状にどう対応していけばいいのか、展望は見えていない。この1年での進歩の自己アピールも書いてみたが、今一つうまくまとまっていない気がする。年が改まっても1歩1歩前進していくしかない。
posted by 悠紀 朋 at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。